FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブライブ!Solo Live! collection Memorial BOX II

思い切って予約購入したSoloLive第2弾BOX、ようやく全員分をひと通り聞き終わりました。

ラブライブ!Solo Live! collection Memorial BOX II
圧倒的重量感。

ラブライブ!Solo Live! collection Memorial BOX II

DiRT3 サウンドトラック

WS000000.jpg

前作のXGames会場を思わせる、派手でアメリカンなメニューデザインから一変、「DiRT3」では三角形がフューチャーされた落ち着いた雰囲気になり、BGMもそれに合わせたような選曲に。
前作はノリのいいアップテンポなロックがメインでしたが、今回はテクノやエレクトロニカ、ヒップポップといったクラブミュージックものも有りと、幅が広がったように思います。

前作のノリのいい選曲もかなり秀逸だったけど、今回も相変わらずセンスある選曲だったので、気に入った曲をいくつか紹介。

・ロック系
Deaf Havana - 「Smiles All Round
Young Guns - 「Crystal Clear
Glamour Of The Kill - 「Feeling Alive
Everything Everything - 「Suffragette Suffragette
Drive A - 「Are You Blind?
Black Spiders - 「What Good's A Rock Without A Roll?
Biffy Clyro - 「That Golden Rule

・エレクトロニカ系
Starkey - 「New Cities (feat. Kiki Hitomi)
Starkey - 「Ok Luv
Leftfield - 「Storm 3000


Glamour Of The Killは前作にも入ってたし、それもまた熱い曲でしたね。
ついでなので、前作「DiRT2」のお気に入り曲も紹介。

Glamour of the Kill - 「A Hope in Hell
Madina Lake - 「Never Take Us Alive
You Me At Six - 「Save It For The Bedroom
You Me At Six - 「Take Off Your Colours
Rise Against - 「Injection
PROCEED - 「Treading Water
Bloc Party - 「Helicopter
The Temper Trap - 「Science of Fear
Silversun Pickups - 「There's No Secrets This Year
Templeton Pek - 「Red Lights Flash

と、かなり多くなってしまいましたが、ほんと単体でサントラを出して欲しいくらいに良曲揃い。
欲を言えば、EATraxのようにゲーム側で流すBGMを選択出来ればいいなーと。

GWAVE 2009 2nd Ace

CIMG5006.jpg

もうこのシリーズもお馴染み。
エロゲ主題歌コンピアルバム、GWAVEの2009年下半期版です。
と言いつつも、何だかんだでこのシリーズについて書くのはこれが初めてかな。

コンピなので毎回「2,3曲好きな曲が入ってればいいや」というノリで買ってるんですが、
今回はツボを突かれる曲が多くていい感じ。

イチオシを挙げるのはかなり迷うものの、ここは開幕を飾る"Winter Bells♪"を推奨。
キラキラしたポップなメロディと、茶太さんの柔らかいボーカルが素敵。
それと60fpsの滑らかなOPムービーも、初めて見た時は驚きました。

"もう一人の君へ"は「淫妖蟲 悦」の主題歌。
淫妖蟲シリーズのボーカル曲はどれもロックでカッコいいなと改めて再認識。
本編のジャンルが完全に触手&陵辱なので、曲の知名度は低そうですけど。

ロック繫がりで、「装甲悪鬼村正」の主題歌"MURAMASA"も外せない。
ニトロプラスではお馴染みの小野正利をボーカルに、和とロックを融合させたスピード感溢れるサウンドは、KATANA-ROCKという言葉が似合いそうな程に熱いデキ。

ラストの"君から始まる奇跡"は、4つ打ちハウスとオケを合わせたような、独特な雰囲気を持った面白い曲になってるなと。
生演奏のギターカッティングとヴァイオリンの掛け合いに引き込まれます。

他にも、"風の彼方","星屑のキズナ","ロケットラブパニック!","Snowdrop"辺りがお気に入りですが、
一番のインパクトを誇るのは、やはり"だっこしてぎゅ!~ 汝、隣の枕を愛せ"ですね。
タイトルからしてもう…ねw

しかしこれ、作曲が柏木るざりんだとは思いもしなかった。
が、改めてじっくり聴いてみるとリズムの刻み方など、終始るざりん節が炸裂していました。
ボーカルもいい意味で電波な民安ボイスがガッチリハマってると思います。

少し意外だったのは、ましフォニの主題歌"シンフォニック・ラブ"が収録されていないこと。
09年のエロゲ主題歌の中でも良曲の部類に入っていると思うんですが。
まぁ、ソフト購入時の特典CDサントラがあるので、聴く分には問題ないんだけども。

ちなみに収録されている中でプレイした作品は「幼なじみは大統領「と「クロウカシス」の2本。
2ヶ月ほど前に「しろくまベルスターズ」も購入したんですが、冒頭部分をちょこっとプレイしただけで積み状態です;


bn_500100.jpg

UI-70 / 法の世に妖の華咲き乱れ

CIMG5003.jpg

UI-70の4年ぶりのコンセプトアルバムとなる、星蓮船オンリーHR/HMアレンジ。

春に聴いたミニアルバムが好感触だったので、「このノリで新作を…」と切に願ってましたが、
見事にコンセプトを引き継いで、ようやく"あの"UI-70が帰ってきた!と言える原点回帰な内容に仕上がっていると思う。
個人的には2年前の「Riddles covered in flowers」以来の会心作と言えるデキ。

アレンジはあくまでも原曲重視に留まっていて、原曲のイメージをそのままに、重さと疾走感を追求したものという感じ。
異様にハイテンションな開幕の"青空の影"を一聴するだけで、今作の本気度がビリビリと伝わってくる。

聴き逃せないのはやはり、総時間9分22秒を誇る"感情の摩天楼"。
アルバムのクライマックスを飾るに相応しい怒涛のパワープレイ、圧倒的なスピード感、そしてドラマティックな展開が押し寄せてきます。
特に、打ち込みならではの嵐のような超絶ドラミングは圧巻。
最後はアコギオンリーになり、穏やかに終焉へ…。

他にも、超速リフかと思いきや変拍子で目まぐるしく展開が切り替わる"時代親父とハイカラ少女"、
終始疾走するバッキングがしびれる"キャプテンムラサ",
そしてラストで何故かボーナストラック扱いになっている"平安のエイリアン"は特に秀逸。

こりゃ、同時リリースの幽霊楽団オンリーも早めに聴かなければ。


fullbloom_bana.jpg

CROW'SCLAW / Over The Rainbow

CIMG4985.jpg

前々作が「東方アレンジ最終章」と冠していただけに、一時はもう東方アレンジはないと囁かれていましたが、
1年半の時を経て再び東方アレンジへ帰還を果たしたCROW'SCLAWの11枚目。

1年前にリリースされたオリジナルな前作は、過去作の中でも一際ゴリゴリした内容でしたが、今回はストラトに持ち替えてのアレンジとのこと。
ジャケの爽やな青空咲夜を意識してか、若干アップテンポ&疾走成分が増し、メタルよかハードロック寄りになった印象。
それでも相変わらず帯に「ヘヴィ・メタル」と書いているだけあって、やっぱり攻撃的なアレンジ重視。

お気に入りはTr.4・6・11意外。ほぼ全部!
が、あえて選ぶなら"Locked Girl"。
イントロのアルペジオもさることながら、さり気なくシンセが光るサビが実に気持ちいい~。

"Holy Butterfly"は、イントロの速弾きから、ガツガツ攻めてくるバッキング、そして原曲のメロへと繋がっていくシフトチェンジが秀逸でしびれます。
これもかなりツボ。

"Dream"は、アルバム内では一番ゆったりしたテンポで派手さはないものの、アコースティックなサウンドを織りまぜた漂う哀愁がなんとも渋い。
中盤のいい骨休めになっている。

今作も流石CROW'SCLAWなクオリティで安心して聴ける一枚。
疾走好きな自分は終始ツボを刺激されまくりで、これまで聴いたCROW'SCLAW作の中でもかなりお気に入りの部類。


banner468_20100913184503.jpg

Foreground Eclipse / Wishes Hidden In The Foreground Noises

CIMG4811.jpg

同人界では珍しいスクリーモサウンドでお馴染み、フォアグラの1stフルアルバム。

なかなかにインパクトのあった前作から飛躍的にパワーアップ。
ボーカルと絶叫が前に出てきたおかげか、メロディも重く激しく、攻撃的な要素が増した気がする。

個人的に「尻上がりに伸びてくる」という印象で、後半6曲目以降はどれも秀逸。
"In A Night When Her Sorrow Resounds Around"は「東方虹奏曲」に収録されてましたが、
イントロから響く哀愁漂うピアノを筆頭に、切なさ溢れる泣きメロがたまらない。

"Truths, Ironies, The Secret Lyrics"は、もう色々と衝撃的なトラック。
ヘドバン必至の攻撃的HMと思いきや、真ん中で8bitチップ音と共に曲調が激変したりするんですが、
何といっても斬新なのが、タイトルに"Secret Lyrics"とあるように、その歌詞。

This song is a cover of the famous "Is She U.N. Owen?"
I was strongly impressed when I listen to the covers by
COOL&CREATE, Silver Forest, SYNC.ART'S or the SOUND HOLIC
(この曲は有名な「U.N.オーエンは彼女なのか?」が元になってるけど
C&Cとか銀森、SYNCにサンホリのオーエンアレンジを聴いたときは衝撃的だったな)

と、よくこんな歌詞が書けるなと;

そしてイチオシは、オリジナル曲の"THE DISTANT JOURNEY TO YOU"。
これは過去に、ななふれっとの「SUPER POWER」に収録さてれいた曲のリアレンジ。
メロコア一直線の疾走感が気持ちいい!
グレン○ガンをイメージしたという、開放感ある歌詞といい、ラストの「Wow Wo♪ Wow Wo♪」ってコーラスもまた良い。

ラストはまたしても、めらみボイスネタでしたw
ここまで多彩に演じれるなら、アテレコもこなせるのでは。


wishes_banner_b.jpg

Alstroemeria Records / Double Counterpoint

CIMG4809.jpg

例大祭7にてAlstroemeria Recordsより頒布された1枚。
今作はアルレコとSyrufitの合作という形でゲストも多数、オリジナル3曲を含む全13曲というなかなかのボリューム。

秀逸なのは、3Lが歌うオリジナル曲、Tr.8"Structure Frame"。
8分越えの大作。

蓑島氏の曲で3Lがボーカルというのは初めて聴いたけど、孤独感を感じさせるメロディに、儚く歌い上げる澄んだ3Lボーカルが相性抜群。
歌詞は全て英語ですが、全く違和感を感じさせない彼女の歌唱力は、毎度のことながら頭が下がる。
透明感あるピアノの音色が、儚さに一層拍車を掛けていて引き込まれます。
さらに、アウトロで曲調がガラっとシフトアップし、躍動的に切り替わるのもインパクト大。

で、これはwikiで知ったんですが、このアウトロ部分はMondoGrossoのDANCEFLOOR COMBATをオマージュしたものらしい。
YouTubeで聴いてみたところ、確かにそのまんまでした。
アルレコ過去作の「DANCEFLOOR COMBAT」のタイトルもここからきているのかな。

他のお気に入りは、"Against, Perfect Cherry Blossom."、"Real Intension"、"Spritual"辺り。
前作に比べ、全体的に手堅い内容です。

異色なのは、間違いなくTr.6の"Hale inthe 270°"。
アップテンポなテクノサウンドにリズナ氏のロリボーカルが相まって、かなり電波色が漂うハイテンショントラック。
ちょっと自分の耳には合いませんでしたが、後半サビ前の「せ~の♪」って掛け声は可愛らしかった。


arcd0031_banner.jpg

THE BEST GAME VOCALS OF あかべぇそふとつぅ

CIMG4800.jpg

タイトル通り、あかべぇそふとつぅ作品で使用された楽曲のベスト盤。
あかべぇ1作目の「魂響」から、CD発売時に最新作だった「G線上の魔王」までの曲が収録されています。

そんなあかべぇファンのための1枚なわけですが、実は自分、あかべぇ作品は一度もプレイしたことがありません。
2年前、やたらと分厚い箱のG線を友人から借りたんですが、結局イントールしただけで起動せず;
とりあえずOP曲だけは知っているものが多かったのでゲットしてみました。

全12曲中、半分以上の7曲を片霧烈火が歌っているわけですが、
彼女は曲ごとに違った表情を見せてくれるというか、幅広い歌い方が出来るのは流石ですね。

イチオシはやはりG線のOP曲"Answer"。
ガンガン攻めてくるリフといい、サビ前のブレイクといい、この曲は何度聴いても熱いですね。

他には、"Be_Natural"、"Realize"、"Close Your Eyes"辺りがお気に入り。
"Be_Natural"はアップテンポ&疾走感抜群でテンション上がります。
Full版はこのベスト盤にしか収録されていないらしいのでおいしい。

後半間奏の壮大なオケがグっとくる"Realize"、バラードロック調の"Close Your Eyes"も暖かさと切なさが滲み出ていて良いです。

ちなみに買ったのは初回版なんですが、これには各作品のOPムービーが収録されたDVDが着いていて、目でも楽しめます。
ただ何故か、収録されてるムービーの解像度が全て640X480以下と低いのが残念。

名作を多く生み出しているメーカーだけあって曲もやはりクオリティ高し。
あかべぇ未プレイの自分でも十分楽しめたので、ファンなら問題なく買いな1枚かと。

Appendix

プロフィール

モリ

Name:モリさん
ツインテ・金髪・縞パンが好きです
=キンパツインテ超最強ですね

応援

嫁アルバム(停止中)

タグクラウド


イチオシ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。